筋トレと有酸素運動

筋トレと有酸素運動

筋トレは無酸素運動と言います。
筋トレに馴染みがない方にはわからないと思いますので説明します。

 

酸素を使わない運動をすることで、短期時間に瞬間的に力を発揮する際にグリコーゲンを主原料にしています。
筋トレや短距離走など時間をかけず筋肉を鍛えることができる運動です。

 

そして有酸素運動よりも先にやるのが筋トレです。順番を間違えると逆効果な時もあります。
あくまでエネルギー代謝の無酸素運動がメインの後に有酸素運動で一定の負荷をかけたトレーニングを行います。

 

効率の良いダイエットとして効果が見られてきます。

 

 

有酸素運動は弱い力で筋肉に力を入れられ、時間にしたら20分以上の運動で脂肪燃焼に効果がでてきます。
酸素を使ったエネルギー代謝がメインの運動で一定時間行います。スポーツとしては水泳やエアロビクス、そして競歩やウォーキングです。時間は目的によって調整します。
これはどちらもダイエットには欠かせませんが、自分でバランス良くチャレンジしてみてください。

 

 

 

筋トレを開始すると筋肉がついたと勘違いします。
これは今まで使っていない筋肉が刺激され血統料が増えたので誤解しないようにしてください。
交互に行うトレーニング良いということですが、ダイエットはその日にその場で結果は出ません。
1、2か月は様子を見ましょう。そこで諦めるかそうでないかで運命が分かれます。

 

ダイエットは健康作りでもありますから、無理に頑張って痩せようと思わずゆっくり集中して取り組みましょう。